この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2・26の誓い


復活した。精神的に(笑)


先に述べた「病気」の原因は、解消されずにまだしっかり残っている。
この数日間、仕事中も、食事中も、勉強中も、とにかく寝ている時間以外はずっと悩み苦しんでいた。
そして、いろんなことを考えていた。無駄だと分かっていても、考えずにはいられなかった。


しかし昨日、考え抜いた末に、ひとつの結論が導き出された。


これまで、「苦しみからどうすれば逃げられるか」とか、「苦しみに打ち勝つために心を強くしなければ」などと考えていた。
これらは間違っているとも言えない。だが、もっと私らしい対処法を思いついたのだ。


それは、「受け入れる」ということ。


逃げ惑う必要はない。無理にはねのける必要もない。
ただ、じっくり向き合えばいいのだ。
その上で、持ち前の明るさやひょうきんさを忘れずに日々を送るのだ。


そう考えついたとき、暗く沈んでいた心が、ふっと軽くなるのを感じた。重々しかった体の動きさえも、軽快になった。


「辛いときも、苦しい時も、それを決して表に出すことなく、明るく、面白く、笑顔で振る舞う」
これこそが、私の行くべき道と悟った。


上記を『2・26の誓い』と称して肝に銘じ、今後はいかなる時も笑顔でいられるよう努めていきたい。




さて、次は誰もが(本人も?)忘れてしまっている「神戸編」かな?
(待っててね、BPさん:爆)
[PR]
by fch_titans | 2010-02-27 12:19 | 主張

Mayday!



ごぶさたであります。 


久々の更新に、「おっ、北海道の続きか!?」なんて考えている方も少数いると思われますが、残念ながらさにあらず(笑)
近況報告(生存報告?)をさせていただきたく、一筆啓上いたす所存。


いやもう、年明けから仕事が忙しい忙しい。
昨年11月に残業が復活した頃は、「12月と1月がしんどい」との予測が流れていたが、その後「2月はもっと忙しい」と上方修正。そして先日には、「3月は2月よりもさらにー」なんて耳にする始末。
右肩上がり、なんてよく言うけれど、ピークがどこか分からないのも考えもの。
このご時世にあって、稼げることは良いことだが、当然、それと引き換えに自分の時間はすっかり減ってしまった。


そんな中にあっても、資格の勉強は割ときちんと出来ている。
下手をすれば、さんざん暇を持て余していた昨年の今頃と同等かそれ以上に出来ているから、かなり頑張れている、と言ってもよさそうだ。
むしろ、制約が多い方が気が引き締まっていいのかも!?


さらに勤務時間の都合上、食事の時間や量にも変化があり、余分に働く(=動く)ことも関係してか、体重も徐々に減ってきた。
一年半前、今の仕事に就いた当初は85kgもあった体重が、今や75kg台にまで落ちてきたのである。
最近、会社でも数人から「痩せたんじゃない?」と声を掛けられたので、見た目にも変化があるのだろう。


懸命に働き、勉強もサボらずにこなす。ついでにダイエットにもなっている。
ヘトヘトだけれども、とても充実した毎日。
うむ、いいぞ、この調子だ!



ところが、そんなイケイケムードに水を差すというか、影を落とす出来事が起こってしまった。












病気にかかってしまったのである。


具体的な病名は明かすことができないが、ガンなどの命に関わる重篤なものではない。
物理的なものではなく、精神的なものだ。
(もっとも、それが原因で、胃の辺りが痛むなど物理的な不具合も起こっているが)


実はこの病気を発症するのは、初めてのことではない。
若い頃、2回ほど同様の病気を発症したことがある。
それだけに、この病気の特徴はおおよそ把握できている。


何が厄介かって、この病気を治す薬や治療方法が、これといって存在しないことである。
胃痛などの症状は胃薬などで緩和できるが、根本の原因に効き目を示すものは見当たらない。
などと書くと、「不治の病?」と思われそうだが、決してそうではない。
有り難いことに、何もしなくても時間の経過と共に症状は収まってゆくのである。
ただ、回復に要する時間には個人差があり、またケースによってかなり異なる。
早ければ1週間ほどですっかり回復することもあれば、1ヶ月経ってもすっきり回復できない場合もあるらしい。


で、今は発症2日目とあって、とっても辛い。
今日の昼あたりから胃痛まで併発してきて、たまったものではない。
ただでさえ今日は仕事がトラブル続きだったのに、まさに泣きっ面に蜂である。
これは拷問? いや生殺し!? もうそんな感じだ。


だから、とっとと月日が流れて欲しくて仕方がない。
そうすれば、ついでに冬も終わり、暖かく活発に動ける春がやってくるので、さらに都合がいい。
この冬はもう雪もしっかり堪能したから、思い残すことはない。
ああ、桜の便りが待ち遠しいなぁ…


ほら、こうやっていろいろ書いていると、もうこんな時間なんだもの。
さて、勉強は終わったから、今度は訓練の時間だ。
軽い筋トレと、坂路ジョギングを平日限定で行っているので、今からそれらを開始したい。


というわけで、本日はこのへんで。
各旅行記は、また余裕があるときに。
(○Pさん、スマン:笑)





※ちなみに、感染症ではないので、最近会ったことのある人は「まさか、うつされてないよね?」という心配は要りません(爆)
[PR]
by fch_titans | 2010-02-22 21:25 | その他諸々