この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

回顧、2009年。

気がつけば、今年もあと4時間。
私は今、紅白も格闘技も見ずに、PCに向かっている。
外は雪、しかもかなり降っている。『ゆく年くる年』で毎年見ていた北国の大晦日を、今年は生で見ているかのようだ。


さて、タイトルにあるように、この09年を振り返ってみよう。
今年最初の記事を見てみると、本年のスローガンを「暴走」と掲げていたようだ。
(つまり、そんなことすぐに忘れてしまっていたわけだが…)
果たして、この通りに過ごして来ただろうか?


物欲に関しては、間違いなく「暴走した」と言えそうだ。


新しい車やバイクなど景気のいい買い物は出来なかったが、夏まで残業ゼロという氷河期ともいえる低収入期の割には、いろいろ手を出してしまった。
3台目の自転車、バイク用ETC、車の改造(タワーバー・ロアーバー)などがそれだ。
また、今年は長年愛用して来た数々のアイテムの更新時期もラッシュを迎えた。
キャンプ用マット(7年)、ザックカバー(8年)といったお手頃なものから、バイク用のサマージャケット(12年!)、カメラ(これは僅か2年)、そしてノートパソコン(6年半、よくもってくれた)−
そこへ、車とバイクが同じ月にそれぞれ車検、バイクのタイヤ&ブレーキディスクの総取り替え(これもかなりこたえた)、それだけでもあっぷあっぷなのに、同月に北海道ツーリングを強行するなど、まあ使った使った。
来年はもう少し控えめにしたいところだが、8年使っているヘルメットは買い替えたいな。あと、もうボロボロで一部穴の空いているバイクカバーも。あ、できれば、ナビも新しいのが欲しいなぁ。
うーむ、しばらくはまだ沈静化しないかも…


北海道で思い出したが、今年は沢山ツーリングにも出かけた。
上期は意外と少なかったが、9月以降は本当にあちこちへ出掛けた。しかも、ゴールデンウィーク・シルバーウィークにはそれぞれ九州と北海道を走った。まさに、北へ南へと駆け回った一年であった。
(休日千円割引が少なからずそれらを後押ししたのは事実)


昨年秋のリーマンショックは、日本のサラリーマンにも多大なショックを与えたが、それは私とて例外ではなかった。
先にも述べたように残業がゼロとなり、それは収入の低下と余暇の増加をもたらした。
その増えた余暇をただ漫然と過ごしたかと言えば、そんなことはない。
もったいないから何かやろうと、ある資格の勉強を始めたのである。
過去に2回ほど手を付けたが、1ヶ月も持たずに挫折したその勉強。今年は、日によってムラはあったものの、何だかんだで半年以上も続いた。
残念ながら試験間際になって何故か残業が復活し、追い込みをかけることはできなかったものの、この蓄積は決して無駄にはなっていないし、無駄にはしない。来年、またチャレンジするつもりだ。


一方、昨年秋より水面下で開始した「とある作戦」については、今年は概して散々であった。
特に上期は鳴かず飛ばずもいいところで、従前の私なら完全に投げ出していたことであろう。いや、実際何度か辞めかけそうになったが、「結論を焦らず気長に行こう」と自分に言い聞かせ、今も何とか続けている。
秋頃からぼちぼちと明るい材料も出始めてはいるが、まだまだ希望の光ははっきりと見えてはこない。
来年こそは、ぜひ結果を出したいところだ。


しかし、最も反省すべきは、このブログかも…
今年の記事の少なさには、自分でもちょっと驚いている。
秋以降は忙しくなったため仕方ない部分もあるが、連載を途中で投げ出すことの何と多きことか…
残念ながら、2月までは死ぬほど忙しい日々が続くと予想されている。それでも、出来る限りなんとかしたいところだ。


とまあ、色々あったが、今こうして無事に年の瀬を迎えていることには感謝せねばなるまい。


ところで、明日は昨年同様、単身にて初日の出作戦を決行するつもりでいたが、雪の勢いが激しい。
目的地は静岡県西部ゆえ、そこまで雪は達しないであろうが、雲が出ていてもいけない。果たして天候はどうなるだろうか。
(というか、車が雪に埋もれてしまい、出撃さえままならなかったりして…)
未明に起床した際、情報を吟味して決めるとしよう。


さて、あまりに寒いので、風呂にでも入るとするか。


それでは皆さん、どうぞよいお年を!
[PR]
by fch_titans | 2009-12-31 20:07 | その他諸々