この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第4次北海道上陸作戦④


「…えらく冷えたなぁ」
朝起きて、一番に口を突いて出た言葉はこれだった。寒さのため、深夜にも何度か目が覚めてしまったため、睡眠状態はいま一つだ。
携帯電話を開き、テレビを起動する。頼りない電波を拾いNHKにチューンを合わせると、ほどなく気象情報が。それを見て納得した。今朝の富良野は8℃台、道内で最も冷え込んだらしい。
「なるほどね…って、いや、これ以上冷えたらやってられないぞ。もっとヘビーなやつ(シュラフ)を持ってくるべきだったか!?」9月の北海道って、こんなに厳しいのか?
そしてこの後も気温はあまり上がらないようなので、着込んで走ることにしよう。

パンを食べた後、テントを収納。富良野の遠景を眺めてから、テント跡地に敬礼し、パーキングを後にした。

b0066153_20583989.jpg

曇り空の下、富良野の農道を駆ける。R237に合流し北上を続けていると、美瑛あたりでちらちらと陽が差してきた。思わず国道を逸れ寄り道したくなったが、ここにはまた作戦の終盤に立ち寄る予定なので、ここは我慢。今日はあくまで北を目指すのだ。

混むことが分かっている旭川市街を避け、和寒(わっさむ)へ。ここでチェックポイントである「かぼちゃの王国」へ立ち寄り、かぼちゃソフトを食す。店舗の向かい側には、北海道らしいのどかな風景が。

b0066153_210357.jpg

R239を経由し、日本海へ。ここからはR232、通称「オロロンライン」を北上する。
と、そろそろ腹が減ってきたので、道の駅で何か食べることに。
しかし、初めに寄った道の駅では、好みとコストの問題でこれだというメニューがなかったため、写真だけ撮って次の道の駅へ向かうこととした。
高台へ登り、海を見渡す。冷たい西風が水面を荒立て、漁港を吹き抜け、手に構えたカメラを微妙に揺らす。

b0066153_2103413.jpg

さらに北へ十数キロ走ると、次なる道の駅が見えてきた。
そこにも何台かのバイクがいたが、中でも目を引いたのは荷物を満載したベスパ。
へぇ、こういうバイクで旅する人もいるんだなぁと思いつつ、食堂へ。
腹ごしらえを終え、ヘルメットをかぶって出発しようとしていると、先ほどのベスパを押して歩くライダーが。
(「えっ、女の子!?」)
それも、ベスパには合っているとはいえ、本人だけ見ればとても旅のライダーには見えない服装だった。
「ん〜、やるなぁ」と感心すると同時に、北海道という場所はとかくいろんなタイプの旅人がいるものだと改めて思い知らされた。

軽快な音楽に乗って、オロロンラインを北へと快走。そして、最北端への西のハイライトと言うべき、道道106号へ。
だが、ここでいきなり目にしたのは、覆面パトに拿捕された気の毒な一般車両だった。
やはり、いるのか…
だが、うろたえる必要はない。なに、「当たらなければどうということはない」(某少佐の名言より)。
とにかくバックミラーと道路脇にだけは注意しつつ、それでいて地平線までまっすぐ伸びる道を、喜びを噛みしめながら走った。

こうなると、このまま稚内まで道道106号を走りたくなってくるが、そんな気持ちをぐっと抑え、道道444号へ。時期的に花のほとんど咲いていない様子のサロベツ原野を横切る。これから向かうのは、この原野を見渡せる展望台だ。
そしてたどり着いた展望台から、原野と利尻富士を眺める。(残念ながら上半分は雲に遮られていた)

b0066153_2115351.jpg

バイクに戻ると、頭に微かな痛みが。ナニっ、頭痛!? 風邪でもひきかけているのか? 確かに、徹夜走行の疲れも抜けきっていないし、冷たい風にも晒されている。これはいかん、とりあえずバファリンで痛みを抑えよう。

再び道道106号に戻っては距離的にロスが大きいため、内陸部の道道を走り継ぎ稚内のレッドバロンを目指す。今日はここのキャンプ場に宿泊する予定だ。
さすがにマイナーな道道だけあって、ツーリングライダーはおろか地元の車さえもほとんどすれ違わない。
手付かずという言葉がぴったりの丘陵を駆け抜けたら、早くもRBが見えて来た。

ゲートをくぐると、受付の若い店員氏が出迎えてくれた。名古屋出身というその店員氏は、漢字4文字のナンバーを見て懐かしがっていた。
カウンターで申込用紙を記入しようとすると、「RIDE見ました」という合い言葉を発するまでもなく、特製コラボステッカーを戴いた。もう残数が危ういと予想していたステッカーだが、まだそこそこ余裕があったようだ。 
記入する途中で、ふと思いつき、尋ねてみた。併設、というよりこちらがメインとも言うべき宿泊施設は、もう予約でいっぱいですか? と。すると、一部屋だけ用意できるとのことだ。
さきほどからの頭痛もあり、ここはキッチリ疲労を回復しといたほうがいいと考えた私は、予定を変更して部屋を申し込んだ。

鍵を受け取り、さっそく不要な荷物を部屋の床に放り出す。そして、身軽になったサイコを駆り、徐々に高度を下げてゆく夕日を追うようにノシャップ(野寒布)岬へと急行した。
ちょいとのんびりし過ぎたか、陽はどんどん落ちてゆく。稚内市街のゆっくりした車の流れにやきもきしながら急ぐ。間に合うか? 間に合え!
そして、どうにか日没前に、ノシャップ岬にたどり着いた。

b0066153_212409.jpg

そこには、とにかく大勢の人が押し寄せていた。ずらりと並ぶ車も、ほとんど道外のナンバーばかりだった。
広場の外れの防波堤に腰掛け、空と海の境界を紅く染めながら沈み行く夕日を眺める。
陽が沈むと、どこからとなく拍手が沸き起こった。

b0066153_2131162.jpg

太陽を見送った私は、最北端の温泉で風呂に浸かった後、食材を到達し宿へと戻った。
サロンでは他のライダーたちが談笑しているようだが、私は敢えて自炊を行った。
米を炊き、ラム肉を焼いて、こしょうを振りかけて食す。
肉はやっぱりうまいが、米の煮沸時間を誤ったか、やや焦げめになってしまった。いや。それはまだしも、何だこの自然食材にあるまじき「香しさ」は? もしや、洗面所の水で炊いたのがいけなかったのか?

しかし、原因はおそらく「アレ」だ。
実は米を炊く準備をしようと関連袋を取り出してみたところ、食器用洗剤を入れておいたペットボトルのキャップが破損し、袋がちょっとベタベタになっていた。これが、その下にあった米に染み付いたものと推測される。
だが、その米とてレジ袋を二重にして持ち運んでいるし、その2枚のビニールを貫通してしみ込んだりするものか?
そんなバカなと思いつつ、しかしその後もこの臭いが同様に感じられたところを見ると、やっぱり…!?
当然、味もなーんか不自然。この日はラム肉の味でごまかしつつ食べた。(しかし、それを何度かくり返して行くうちに、少しずつ慣れてきてしまった。慣れとは恐ろしい…)
ちなみに旅の間、特に腹を壊すこともなかったし。一体、何だったのだろう?

食事を終え、ベッドに転がって友人にメールを打っていると、急激に眠気が。結局、そのまま眠りに堕ちてしまった。
                                (つづく)
[PR]
by fch_titans | 2009-10-13 21:04 | ツーリング

第4次北海道上陸作戦③


夕闇が迫る中、高速の無料区間を駆使して苫小牧市街へ向かう。残量が微妙だったガソリンを補給しがてら、市街地を西へと走って行く。そこへ見えてきたのはイ○ン。ここなら必要な物がすべて調達できそうだ。まず夕食を済ませてから、革ベルト、ウエットティッシュ、調理用油、さらには明日朝の食料を買い込んだ。

バイクに戻ったのは19時30分。これより本格的に進軍を開始する。
ひんやりとした強い風が吹き付け、落ち葉が渦を巻くように舞っている。晩秋を思わせるような光景だ。そんな風に立ち向かうため、ジャケットはもちろん、下にはカッパ、首筋にはネックウォーマーと、ほぼフル装備で固めた。
「準備よし。では、参るか」
エンジンに火を入れ、方向を転換、巨体がスルスルと前進を始めた。

まずはR234を北上。街を離れ、すっかり林間といった趣になってくる。追い越し禁止のイエローラインも無くなり、本来ならゆっくり走る車をどんどんパスして進むところだが、あえて前車に付いてノコノコと走った。
警戒しているのは鹿だ。近年、道内においてエゾシカが爆発的に増加しており、道路への飛び出しによる事故が増えているという。車ならまだしも、バイクでこれらに衝突した日にゃあ無事では済むまい。よって、夜間は特に慎重さが求められる。

やがて道道を経由し、R274へ。夕張をかすめるようにして日高へと向かう。札幌ナンバーの車がこぞって東へと走っており、意外と交通量は多い。これだけ車が列をなしていては、さすがの鹿も飛び出すことはできまい。退屈だが、気を張りつめること無くのんびり走る。
昼間なら、あたり一面の樹海を眺めながら走れるこの道も、夜はひたすら漆黒の闇ばかり― かと思いきや、建設中の高速道路の巨大な橋脚がデンとそびえ立っていた。先の政権交代で、こういった造りかけの道路は一体どうなるのだろうか、そんなことを考えながら前車のテールライトを追った。

そして、日高でR237にスイッチするや、今度は交通量が皆無となった。対向車も10分に1台ほどすれ違うといった具合だ。鹿等の飛び出しを牽制すべくハイビームを照射するが、あまり長いと今度は各種虫のカミカゼ特攻に晒されるため、こまめに切り替えながら走る。このあたりまでくると、空気もきれいだろうな― そう考え、ちらっと空を見てみると、うわっ、満天の星! 思わずバイクを停め、ライトもオフにし、上空を見上げた。
あまりの美しさにしばし見とれる。ずっと見ていたかったが、首が痛くなってきたので、前方を向き直し、進軍を再開した。

順調に距離を重ね、富良野入りを果たす。しかし、夜で何も見えないので、気分は盛り上がらない。とりあえず、テントが張れそうな場所を探そう。地図で目星を付けておいた、とある展望台パーキングへ。坂をぐんぐん駆け上がると、見えてきた。
おお、これは富良野の夜景か? こういった形で見たのは初めてだが、ふむ、富良野の夜景ってのも悪くないな。

b0066153_2330164.jpg
広い駐車場には車が2台いるだけ。きれいそうなトイレもある。今夜は自炊はしないので、これなら泊まるに当たって何ら不自由はない。もう22時半を回ったし、ここに決めてしまおう。
少し手前で見かけた「熊出没注意」(しかも出没日時付き)の看板にちょっとだけビビるが、肉でも焼かない限りそうそう出て来るまい。万が一出て来て襲撃を受けたら? ま、その時はその時だ。それで命を落とすようなら、私の運命なんざその程度だったということさ。 

ヘッドランプの光を頼りにテントをくみ上げ、荷物を中に放り込み、私自身も潜り込む。どのくらい冷え込むか分からないが、それなりに着込んでシュラフにくるまった。

                                  (つづく)
[PR]
by fch_titans | 2009-10-05 23:31 | ツーリング

第4次北海道上陸作戦②

b0066153_19334273.jpg

船が港を出て間もなく、同じ船会社のフェリーがすれ違った。おそらく苫小牧からの船であろう。数日後にはあれに乗って帰ってくるわけだが、そのためには事故のないよう作戦を遂行する必要がある。

客室内に戻るや、あくびが口を突いて出た。よく考えてみたら、ほとんど寝ていない。上陸後にはある程度走るつもりなので、それに備えねばなるまい。寝ておくか。

…眠れない。昼間ゆえに船内アナウンスが頻繁に流れ、また子供たちがワーキャー騒ぎ、お世辞にも快眠できる環境などと言えたものではなかった。当然、耳栓をするなど対策は講じたが、効果はいま一つだった。参ったな、これは…

11時半ごろ、ふと目が覚めた。上記のような環境ながらも、いつの間にか眠っていたようだ。途切れとぎれに2時間ほど眠ったことになろうか。だが、徹夜の進軍の疲れを解消するにはもちろん不十分である。
もうひと寝入り― と考えたその時、腹の虫の咆哮が響き渡った。なるほど、原因はコイツか。そういえば、朝食も摂っていなかったな。よし、じゃあ何か食べるか。資金温存のため、レストランは利用せず、売店で適当に何か買って食べよう。
…売店、閉まってるじゃないか。そうか、常に営業しているわけではないのか。久々のフェリーなので、忘れていた。仕方がない、次の営業時刻の13時まで、風呂でも浴びるとしよう。

売店再開と同時になだれ込み、アイスクリームとスナック菓子2袋を調達。えっ、健康に悪いって? 分かっている。上陸後は、ちゃんとまともなものを食べるさ。
船体後方のオープンデッキに陣取り、地図を広げる。アイスクリームを口に運びながら、上陸前の最終作戦会議だ。
稚内、道東、富良野周辺を回ることは決まっていたが、ではどういう順番で回るか。時計回りか、その逆か― 週間予報なども勘案した結果、時計回りで行くことに。従って、まず真っ先に最北端を目指すこととなるが、後々の日程に余裕を持たせたいので、今夜のうちにある程度は進んでおきたい。そうだな― 富良野か美瑛あたりまで行ってしまおうかな?

地図をたたんで腰を上げ、デッキを歩いてみる。船は津軽海峡を通過しつつあり、左舷には恵山が見えてきた。

b0066153_19342617.jpg

船内では様々な催しが開かれているようであったが、今後の作戦への備えを重視し、これらを見ることなく、もう少しだけ眠ることに。

17時近くになって目が覚めた。窓から外を見てみると、防波堤らしきものが。既に苫小牧港付近まで来ていたようだ。
「いよいよだな」
荷物をまとめ着替えていると、あることに気が付いた。
「なっ… 革ベルトを忘れただと!?」
思わぬ忘れ物であった。今はめている綿のベルトでも機能上は問題ないが、革でなくてはならない理由があって、無いというのはマズい。
「むぅ… 仕方がない、苫小牧市街で調達するか」

船は予定より20分ほど早く接岸したが、バイクの下船は車の後なので、しばらく待つ。ロビーには今か今かと下船を待ちわびるライダーで溢れていた。それぞれの作戦が、間もなく開始される。
乗用車の下船が完了し、バイクの順番が回ってきた。
めいめいに荷物を積み込み、準備が完了した者から出撃してゆく。一人ではバックさせられず、係員や他のライダーの力添えで後退するバイクもあった。それらに少しだけ加勢したあと、私も準備を整えた。サイコの特殊機能であるリバース機構を駆使し、機首をハッチに向ける。タラップを下り、前輪がアスファルトに接地。
陽が沈み、夕闇が迫る中、5年ぶりに北海道上陸を果たした。

「さあ、作戦開始だ!!」

b0066153_19355347.jpg


                                   (つづく)
[PR]
by fch_titans | 2009-10-01 19:36 | ツーリング