この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧




本日は、前述したサイクリング作戦に参加してきた。


素晴らしい晴天の下、目指す目的地は、小牧市にある入鹿池。


自転車全盛期であった高校時代、犬山城付近に2度ほどサイクリングに来たことがあったが、それ以来、10年かそこらぶりの長距離だ。
まあ、全行程55kmで長距離と言っていたら笑われそうであるが、往復9kmの通勤がメインの通勤サイクリストには、結構な距離である。
マシンにも性能差があり、特にごく普通のシティサイクル(しかも変速なし)と折りたたみ自転車を交代で乗っていた参加者にとっては、相当キツかったに違いない。
それでも、ひとりの脱落者もなく、2時間半ほどかけてなんとか到達することができた。



b0066153_23101484.jpg
バイクなら1時間もかからずに行けてしまう入鹿池。しかし、地道にペダルを漕いで到着した池畔の景色は、とても輝いて見えた。
それに、車やバイクならあっという間に通過してしまう傍らの風景も、自転車でのんびり走ればじっくりと肌で感じることもできる。これはとても新鮮な体験であった。


午後3時半ごろ、作戦は無事終了し、チームは解散。
そこから自宅までの7km、行く前はきっとヘロヘロだろうなと予想していたが、道中がのんびりペースだったことが幸いし、余力はかなり残っていた。強い向かい風さえものともせず、基地に帰還。
実に楽しい一日であった。


サイクリング。
これは、ハマりそうである。
通勤を主任務とするジム・クゥエルのほかに、このようなお遊び用の自転車が欲しくなってしまった。


もっと高性能なやつもいいが、思い切り志向を変えて、『GIANT REVIVE』なんて面白そうである。
(最高速や上り坂は辛そうだが)


今はさすがに無理だが、いずれ軍資金に余裕ができたら…!?
[PR]
by fch_titans | 2007-05-27 23:11 | 作戦報告

もうすぐ2歳




某氏からのリクエストがあったので、自転車の話題を。


というか、最初の記事でカテゴリを新設したっきり、一度も俎上に上らなかったが…
ま、それだけ大きなトラブルも無かった、ということにもなろう。


『ジム・クゥエル』ことCS3400が着任してからもうすぐ2年になるが、主に通勤の足として、または名古屋などでの飲み会の足として(!)、その他もろもろの用途に活躍してくれている。


これまでにあったトラブルといえば、まずパンクが3回。フロントが2回に、リアが1回である。
リアのときはさっさと自転車店に任せてしまったので詳細は不明だが(笑)、フロントはさすがに自分で修復した。
当然チューブに穴が空いていたのだが、その位置が2回ともサイドであったのは不思議である。
つまり、何か鋭利なものを踏んで穴が開いたわけではない。てことは…単にチューブの劣化!?
何だかなぁ、と思うが、私とてその穴を100円ショップで買ったパンク修理キットで補修し、未だに同じチューブを使っているので、どっちもどっちか。


次にライトについて。
当初は、いわゆるスーパーLED(出力1w)を使用していた。
確かに明るいのだが、しかし、リフレクターの角度が絞られており、照射範囲が非常に狭く、夜道を積極的に飛ばす気にはなれなかった(元来、自転車用ではないので仕方ないが)
そこで、出力は低くてもいいから、もっと広範囲を照らせるライトを探して回った。


となると、「もちは餅屋」で、やっぱり自転車用ということになる。


そしてある日、ホームセンター「コーナン」にて、コーナンブランドの3LED(確か1180円? 安い!)と、自転車用品メーカーの1LED(1980円だったはず)を前に迷った。
そりゃ、メーカー品のほうが輝度から何から性能はよさげに見えるが、3LEDというのは惹かれる。
10分ほど迷ったろうか、値札とにらめっこしていた私は、ふとひらめいた。
「こっちの安いほうだと、2個買ってもメーカー品1個と大差ないな…」


というわけで、2個買ってしまった(笑)


3LEDをハンドル中央に二つ並べて、都合6LEDとなった。
安物とはいえ、最近のLEDは思ったよりも明るく、率直な感想として、自転車用に使うぶんには、1wLEDに劣るものではない。しかも、照射範囲は比べるべくもない。
欠点は、電池を大量に必要とすること(単3電池4本×2)、そして見た目がカッコよくないこと。
しかし最大の欠点は、ハンドル上のスペースに余裕が無くなり、メーターを搭載しようにもできなくなったことである。
メーターも付けられるものなら欲しかったし、付けるならコレだ! というのも決まっていたが、この取り付けスペース問題はかなりの難題であった。


一時、ハンドルバーに取り付けるU字型のバー? を取り付け、そこにメーターを…なんて構想も浮かんだが、そのためだけに何千円もするバーを購入するのもどうかと思い、二の足を踏んでいた。
しかし! このたび、この問題を非常に手軽に解決できるパーツを発見したことにより、メーター導入に踏み切った。
そのカッコ悪い(笑)ライトと共にご覧あれ。↓



b0066153_0291242.jpg

b0066153_0292811.jpg

要するに、ハンドルバーに、メーターなどのパーツを取り付けるためのバーをもう一本増やすといった感じのアイテムである。
某オークションで、200円で調達した(安)。
これにより、ライトと干渉することなく、メーターを取り付けることができた。
ただし、見た目はさらにゴテゴテしてしまい、ますます意味不明な自転車に…(汗)


さて、メーターという長年の(?)願望は叶ったが、改修を要する部分がまだある。


後部に装着している、バイク用のパニアケースだが、1年ほど前から、内部に水が漏るようになったのである!(完全防水を謳っているケースなのに…) 大雨のときに何もかぶせないでいると、見事に水が溜まり、そのせいでライトを1個ダメにしてしまった(そのため、また同じモデルを買い直した)。
加えて、この手のケースとしては大容量なのだが、それでも積載量に不満を持つようになってきた。特に高さ方向がちょっと不足気味で、カッパやらバッグやら満載すると、蓋が閉まりにくくなる(閉まらないこともある)。
そして最大の難点は、重いこと!! 測ったことはないが、ケースだけで4、5kgはあろうかという重さであり、分かっちゃいたけど機動性がかなり犠牲になっている。
よって、近々このケースを別のものに変更する予定である。


あとは、サドルがかなり劣化してきて、左右両側に傷が入ってきた。これも早めに交換が
必要であろう。


うーむ、自転車のことでこんなにあれこれ書くのは、初めてだな。
さぞかしジムも喜んでいることだろう。
だが、浮かれてばかりもいられまい。
明日…いや、日付が変わっているから今日だが、この機体で初となるサイクリング作戦が決行される。
総行程は何kmになるか不明だが、少なくともこれまでで最高だった名古屋往復よりは長距離になるだろう。
よって、気を引き締めて作戦に当たってもらわねばなるまい。


…ん?
というか、漕ぐのは私か。
じゃ、私が頑張らねばならんのか。















いかん、早く寝よう(汗)
[PR]
by fch_titans | 2007-05-27 00:33 | ジムクゥエル(退役)
(注:ちょっと長いかもしれません。暇なときにどうそ)










たいへんご無沙汰であります。
皆様、元気にしていますか?












私は…












私は…



















どん底気分であります(涙)






前回書いたとおり、3月に入ってアレキサンドリアが不調になり、とりあえず修理に出した。
その際、不良と診断された水温センサーの交換、電気配線の手直しを行い、ついでにオイル交換と夏タイヤへの換装もお願いして、これで晴れて売りに出せるという状態になった。


なった「つもり」だった。


しかし、10日ほどすると、またエンストの症状が…
再び修理を依頼すべく工場まで自走を試みるも、今度は早々にエンストし、大事をとって早めにレッカーを要請した(苦笑)


で、先週、GWをはさんでようやく復帰。
とりあえずTDCセンサーを換えたら症状が出なくなったので、これで様子を見てほしいとのこと。
その後何日か乗ってみて、今度は大丈夫そうなので、某サイトへ売却広告の掲載の申し込みをしようかなー、なんて思っていた。


ところが…
昨日、家を目前にしてまた止まった。幸いすぐに再始動できたものの、にわかに暗雲が立ち込めた。


そして今日。
始動もできたし、止まらずに店まで走れたものの、どうもエンジンの吹け上がりがスッキリしない気が。
店で停車してちょっと吹かしてみても、回るのは回るのだが、何やらカンカン音がするような…?
ふと思い立ち、外に出て後ろに回ってみると…


なにっ!?
マフラーエンドがバンパーに当たっている!?
慌ててしゃがみこんで見てみると…



















マフラー壊れてた(笑)


タイコ部とエキゾーストパイプの接合部が見事に分離し、タイコが傾いていた。
そういえば、何となく排ガスの臭いがしているっぽかったけど、そりゃ当然だな…


と、いうわけで、アレキサンドリアは店に碇を下ろし、不動モードに。


そのことを親に報告した際、親は激怒。
私も最近、アレキサンドリア故障を始め様々な要因でストレスが溜まっていたため、やや激高。
店の入り口で大論争となり、最終的に出た結論は―









「家族全員で資金を出し合い、国産3列シートミニバンを購入する」


アレキサンドリアの後継機として、昨年秋には初代エスティマを候補に挙げていた。
相場がこなれているし、それでいてミドシップによる優れた重量配分がもたらす走行性能が魅力だった。
その一方で、バランスの面でオリジナルよりは劣るものの、ガソリンでMTの設定があるエミーナ/ルシーダも捨てがたいものがあった。


しかし、あのクラスになると、どうしても燃費が苦しい。
昨今の地球温暖化を見るにつけ、地球を愛するティターンズ隊員としては、ガソリンをがぶ飲みする車を乗り回すことには相当な負い目がある。
そこで、実は発売当初から「理想的」と考えていた、アトレー7(スパーキーでも可)が候補に浮上した。
排気量もボディサイズも控えめで、MTもあるから燃費も良好。つまり、一人で乗っているときでも大型ミニバンのような「ムダ感」をほとんど感じない。それでいて、いざというときは6、7人が搭乗できるし、5人までなら荷物もたくさん載せられ、さらに2列目まで畳んでしまえば自転車すらも楽に積載できてしまう。


さらに先月あたりだったか、中古車の広告を眺めていてふと思いついた。
「軽じゃダメかな?」
気になっていろいろ調べた結果、あまたある軽1BOXの中から、ディアスワゴン(またはサンバーディアス)が最有力候補に躍り出た。
軽といえども重量は1t近く、スーパーチャージャーもあるけど余裕とまでは言えず、燃費の面ではアトレー7に若干劣ると思われる。
しかし、コストの面ではまさに最強で、税金は言うまでもなく、車検や保険などでも普通車に比べかなりのアドバンテージを保てる。
それでいて室内は広大で、自転車の積載も楽勝で、工夫すれば九州遠征もこなせそうなほどであった。


しかも、全長が短いことで、ある計画が実現可能となる。
それは、「2台体制」だ。
我が家の駐車スペースはもともと畑であり、そこに古い布団などを敷いて停めている状態である。その後方には草が生い茂っているが、これを刈り取ればさらにスペースを増やすことができ、全長が3.4mの軽なら、頑張れば2台停められる。
そこで、「実用」の1BOXに加え、「趣味」のオープン軽を加えた2台体制を構築することを目論んだわけだ。
両方とも軽なら、2台合わせても維持費は普通車1台分。
「そいつぁいい、これでいこう!!」


と、意気込んでいた矢先であったのだが…





車種選定はこれから詰めるが、アレキサンドリアのこともあり、私の発言権はほぼ皆無であろう。
そして、その親が言うには、



「絶対ト○タにしろ」
「大きいワゴン(注:ミニバンのことを指す)でないと。お客さんを乗せるかもしれんで」
「中で着替えるかもしれんで、エスティマみたいな低いのじゃなくて、もっと背の高いのにしたら?」


傍で聞いていて、絶望感あふれる会話である。
ト○タになるかどうかは分からないが、とにかく背の高い大空間ミニバンになってしまうことは間違いないだろう。
(しかし何なんだその「着替える」というのは?)
ということは、ほぼ間違いなくATになってしまいそうである。


確か徳大寺氏が、著書の中でミニバンのことを「運転手はキミだ、お客様はボクだ」になってしまう車であるというようなことを書いていたと思うが、一部そうでないミニバンも存在する。
アレキサンドリアことルノー・エスパスなんかは、その筆頭だと考えている。ひと言で言うなら、「ミニバンの姿をしたドライバーズ・カー」である。とにかく運転していて楽しい。下手なセダン以上と評されるフットワークもさることながら、やはりMTであることが大きく寄与していると考えられる。


だから、ルノーを撤退し、国産に戻るとしても、MTだけは残したいと懇願していたのだ。
クラッチペダルを踏み込み、シフトレバーをコキコキ動かしていれば、単なる移動であっても、それこそ店関係の任務であっても、少しは楽しいと思えるのである。
しかし、つまらないATに戻ってしまうとなれば、また店の任務が苦痛に思えてくるであろう。
まあ百歩譲ってATにしても、初代エスティマあたりなら挙動が自然で運転が楽しそうだが、先に書いたようにエスティマは否定されている。
となると、後に残るのは…


ちなみに、親父はいたくアル○ァードを気に入っているようだが、個人的にあれだけは絶対に勘弁願いたい(オーナーならびにト○タ関係者の方には済まないが)




長々と書き連ねたが、これでエンスーではなくなるばかりか、クルマが「趣味」ですらなくなってしまう日が、いずれやってきそうである。
そして、ともすれば、好きでもなんでもない車に、毎月いくらも払わなければならない生活が始まるかもしれないのだ。


無念である。
じくじたる思いである。
この先私は、何を生きがいにしていけばいいのだろう。















バイクか(笑)
それしかないな。


よーし、こうなったらヤケクソで、サイコガンダムMk.Ⅱを目標に資金を溜めていこうかな?
[PR]
by fch_titans | 2007-05-17 23:40 | クルマ・バイク