この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧




こんな記事があった。


ふーん、そうなのかぁ。
下の階が効いていれば、上はOFFでも意外と暖かいのか。


それだったら、一方はずっと暖房ON、もう片方はずっとOFFなんて不平等なことをしないで、ビル全体でローテーションを組めばいいんでない?
今日は奇数階がOFF、翌日は偶数階がOFF、みたいに。
それだけでも、全階で常時ONにするのに比べて、単純に半分も節約できる。


もっと突き詰めれば、3組に分けて3日周期のローテにすれば、1/3にまで削減可能だぞ。
まあ、そこまでやっちゃうとさすがに寒いかもしれないが…


暑いのは、対処するにも限界がある。
脱げばいいったって、さすがに素っ裸まで行っちゃうとマズイから(笑)
だから冷房は必須になるが、暖房は工夫すればかなり節約ができそうなので、夏に何ともならない分を冬で取り返すのはいいことかもしれない。
[PR]
by fch_titans | 2006-02-28 22:42 | 主張

帝王、再び。



今週の木曜は、ジェームス・ブラウンの「デビュー50周年記念」コンサートである。


実は、生まれて二十ウン年にして初めて行ったコンサートが、このJ.B.だった。


その時点でジェームスは御年70歳。
しかも、その後暴行容疑で逮捕されたりするなどしたため(とはいえ、多分すぐ釈放されたんだろうけど)、そのコンサートが最後の来日となるのでは? と囁かれたとか。
しかし、この度めでたく3年ぶりの来日となった。


で、最近は金欠で苦しいけれど、今度こそ本当に最後の来日になるかもしれないので(笑)、プレリザーブに申し込み、無事チケットを確保できた。


実に3日前である今日、ようやくチケットを受け取ってきた。
家に帰って改めて見てみる。
すると、こんな文字列が目に留まった。






1階
3列
○○番








ぬおっ!! 3列目!?

いいの? そんなに前で見せてもらって?


前のほうといえば、だいたいファンクラブの会員など、コアなファンの指定席だと思うのだが…
そうか、アメリカならいざ知らず、ここは日本だからそういうのはないか。


おおー、これは下手したら、JBやバンドのメンバーが投げた物とかがゲットできるかも!?
(逆に前過ぎて後ろに飛んでってしまう可能性も高いが)
もし幸運にもキャッチできたなら、ヤフオク家宝にしなくちゃ。


早く来いこい、木曜日!!
[PR]
by fch_titans | 2006-02-27 23:32 | 音楽

目を疑う出来事



土曜の夜、R22を名古屋方面へ走っているときのことだった。


東名阪自動車道の入り口手前に、電光掲示板がある。
渋滞表示時は車が列をなす絵柄が表示され、雨天走行注意のときは傘マーク、雪の日は雪だるま、故障車があるときは非常停止板が表示されるなど、何かしらのアイコンが見られるのである。


で、この日も何か表示されていたのだが、珍しくアイコンがない。
はて、一体何が書いてあるのかな? と読んでみると…














○○IC~○○IC間

人の立ち入りあり











は!?

人…ですか!?!?


何ヶ月か前にあった、、高速で「歩行者」がはねられて死亡したという事故が脳裏をよぎった。
あの事故は、車を降りて何かしていたとかではなく、どこからか高速に進入した歩行者がはねられたわけだが、つまり、その時と同じことが起こってるってか??


ブラインドコーナーを抜けた瞬間に、歩行者が視界に飛び込んできたら、ビビるよなぁ。


帰宅後、ネットでニュースをチェックしてみたが、それらしき事故の報は見当たらなかった。
いちおう、何事も無かったようで安心したが…


何か安全策が必要な気もするけど、東名阪などの都市高速の類は出口がフリーなので、進入しようと思えば人でも自転車でも入れちゃうわけで…


各々方、「高速に歩行者はいない」とは決め付けず、用心してかかるべし。

(って、用心のしようがない!?)
[PR]
by fch_titans | 2006-02-26 23:25 | その他諸々




それがまだみたいである。今年は。


さっき、庭の鉢植えに米の研ぎ汁をやっていて気がついたのだが、鉢に植えてある3本の梅の木が、まだ花を咲かせていない。
つぼみは確認できたが、もうすぐ咲く、という気配は感じられなかった。


ふと思い出して1年前の記事を見てみると、昨年は既に咲いていたのである。5部~7部咲きってところか。
とすると、やはり今年は明らかに遅れている。


やはり、近年まれに見る今冬の厳しい寒さが影響しているのだろう。


となると、今年は桜も遅くなったりするのだろうか?
このあたりは例年、4月の上旬にピークを迎えるのだが、ひょっとするとこれが下旬くらいになったりして?

(ま、それで何か困ることがあるかと言われれば、特に何もないのだが…)


それにしても、厳しい寒さがひと段落したと思ったら、日曜からは梅雨さながらに雨ばかりの予報である。
気温もあまり上がらないようで、このぶんではさらに開花が遅れそうだ。


春が待ち遠しいなぁ。
[PR]
by fch_titans | 2006-02-23 23:48 | 四季の話題

無謀な挑戦!?



以前、簿記の勉強をすると述べたが、突如、ターゲットを変更した。


「知○検定」なるものを受験することにしたのだ。


なんでわざわざ伏字なのかと言えば、当ブログがwebに公開されている以上、私の素性を見破られる恐れがないとは言い切れないからである。
先日合格した「ビジ法検定」でもかなりマニアックなのに、さらにその何倍もマニアックな「知○検定」も併せて受験することを書くと、その非常に稀な組み合わせ故に、当ブログの発信者=私であることを察知される可能性を否定できなくなるのだ。


現段階ではまだ消極的とはいえ、いちおうは諜報活動中なので、このブログの存在をエゥーゴやジオンの残党に知られるのは非常にマズイ。
(だって、ロクなこと書いてないからねぇ…)
心配しずぎだろうか?
まあでも、何が起こるか分からないネットの世界、用心に越したことはない。


そんなわけで、その検定の詳しい内容も割愛するが、とにかくそれに向けて勉強を開始したのである。
で、試験はいつかというと―


春分の日前後。
そう、あと1ヶ月くらいしかない。


実は7月にもその検定試験が実施されるので、そっちにしといたほうがもちろん無難なのだが、5ヵ月後というのはどうも間延びした感じでイヤだったのである。


それに、その試験範囲が、実はビジ法検定で勉強した範囲とかぶっているのだ。
正確に言えば、ビジ法で勉強した中の一部の分野を深く掘り下げたものが、今度の検定ということになる。
全くのゼロからだと、1ヶ月では到底ムリだろうが、大まかな概要はすでに勉強しているので、それなら1ヶ月でも何とかいけるのでは? と読んだのだ。


だったら、挑戦は早いほうがいい。
幸い、まだ3月の試験の締め切りに間に合ったので、思い切って出願した。


しばらくは簿記をボチボチ勉強しながら過ごすつもりだったが、これによって生活が一気に激変する。
よーいドンからゴールまで、たったの1ヶ月。超がつくほどのスプリントレースになるが、典型的な追込馬の私にはむしろ調度いいかもしれない。
追い込まれるまでボヘーッとしているが、追い込まれると途端に猛スパートをかけるからね、私は。


さて、またしばらくは大変そうだな…
[PR]
by fch_titans | 2006-02-15 00:00 | その他諸々

我、孤高ノ剣士ナリ?



珍しく、占いに関する話題である。


まず、私は基本的に占いというものを信じない。


全部が全部を信じないわけではないが、くくりがあまりに大きなもの(=何年生まれ、何月生まれ、いて座etc)は信じられない。
だって、「山羊座のあなた」って言われても、それは日本中に何百万人もいるわけであるからして、自分を対象にしているのかどうか、分かったものではないから。


あと、ここぞという時に、偶然その内容に沿った占い結果が出て、勇んで事に当たろうとしたら思いっ切りコケたという苦い経験もあるので、なおさら信用できないのである。


ただ、「○○年○○月○○日生まれ」まで細かく指定されるものについては、少しは信憑性もあるのかな? とは思う。




昨晩、体調が悪かったので店には行かず、夕食も家で適当に済ませた。


で、私はほとんどテレビを見ないのだが、昨晩は家でのんびりしていたこともあって、久々にスイッチを入れてみたら、いきなり細○○子女史が現れるではないか。


そういえば、母が休憩中にいつもコレを見てるっけなぁなんて思いつつ、しばらく見ていたのだが、そのなかで火星人とか金星人とかいう名詞が出てくるのが気になった。


もちろん、これは宇宙人の種類を言っているのではなく、何でも「運命星」のことを指すらしい。
となると、自分はいったい何だろうな? と疑問が湧いてくるのが人情というもの(?)。
そこで、ネットで調べてみることに。


以前、「水星人は独りでこそ能力を発揮できる」なんてコメントを聞いた記憶があり、ひょっとして自分もそれかなー? なんて思ったりもしたが、さて実際は…?



ありゃりゃ…
ホントにそうだった。

私は水星人・陽(+)だそうである。

その特徴を一部抜粋させていただいたが、その内容はちょっと衝撃的でさえあった…↓



 水星人は、非常に利己的でクールな性格の持ち主です。ある意味で、人生をつねに醒めた目で見ているところがあります。それでいて、生まれつき華やかでソフトなムードをそなえていますから、男女ともに、とても強烈な個性の持ち主が多いと言えましょう。
 他人は他人、自分は自分と、割り切って行動しますから、他人からは、自分勝手で独善的な人間と思われやすい傾向がありますが、なんと思われようと、それを意に介さないのも水星人の大きな特徴の一つです。それは、裏を返せば、意思が強く、つねに自分を見失わないで冷静に行動するということでもあります。
 事実、水星人には、一時の情熱に身を任せて、自らを破滅させてしまうようなことはめったになく、怜悧(れいり)とも思えるくらい、確実に自分の人生の目的を実現していくタイプが多いのです。





うぬぬ…

バレたか


そう、私はこう見えて、計算高い。
見た目は何も考えていないようで、頭の中ではすごい勢いでそろばんを弾いていたりするのである。




そして、さらに衝撃的な内容が…↓



 水星人に与えられているのは、そもそも「孤独な世界」なのです。このことは、幸せとか不幸という次元の問題ではなく、そういう運気のもとにうまれたのだ、ということなのです。
 ですから孤独とは正反対の「安息の世界」である家庭に安らぎを求めようとしても、本質的には、それは水星人にはかなわぬ望みなのです。水星人には孤独な人が多いし、ことに晩年は、淋しい人生を送ることになりがちです。しかし、孤独な世界に生きてこそ、成功する可能性も非常に高いということです。




あっちゃー…
やってまった。


昔、姓名判断の本を読んで、私の氏名だと恋愛運は最悪に近いという結果を知ってヘコんだことがあったが、何と、ここでもそれを裏付けられる格好になってしまうとは…
こうなるともう、ヘコむのを通り越して、笑うしかないな。


だが、そんな水星人な私も、今年はそっち方面の運勢がかなり良好とのこと。
転職やら資格取得やら何かと忙しい私だが、ここはひとつ、そっち方面もがんばってみようかな?


ま、ダメだったら、その後はセオリー通り 孤独 に生きるか。



ちなみに、たまたま目に付いた「前世占い」なんてのも興味本位でやってみたところ、
私の前世は

「剣客」 かも?

だそうで。


そうかぁ。
言動がいちいち侍じみているのは、「サムライスピリッツ」や「新撰組!」の影響だと思っていたけど、案外、前世の癖が残っていたりして!?
(あれ? 私の直感では、前世は「アメリカ人」のはずなんだけど…)
[PR]
by fch_titans | 2006-02-09 00:15 | その他諸々