この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

それぞれの五平餅 (前編)



それでは、9月17日に行われた、五平餅オフの模様をお送りします。




朝、私は悩んだ。
クルマで行くか、バイクで行くか―


今回のコースでは一部かなりハードなワインディングがあるようなので、それを考えると、やはり機動力に優れるバイクが適している。


しかし、今は薄日が差しているが、最新の予報では午後から崩れるとか。
昨日、バイクで出かけている最中に雨に降られ、泥まみれになったところを洗車して綺麗にしたばかり。
同じことを2日連続で繰り返すのも、ちょっと…


よって、無難にアレキサンドリアで出撃だ。


燃料補給などをしていたら、もう8時20分! ヤバい、間に合うか!?
東名阪から東名を乗り継ぎ、岡崎へ急行。
車検でリフレッシュして、さらに独自のオカルティック・チューン(謎)を施したとあってか、なかなか快調だ。
たまに前が詰まったりしたものの、どうにか9時直前には集合場所であるトイザらス駐車場に到着。
そこには…


「ひぇ~、ポルシェばっか!!」
写真を撮り忘れてしまったが(他の参加者各位のブログをご参照ください)、駐車場はえらいことになっていた。
色とりどりのボクスターを中心に、997S4とか、996ターボ、ケイマンS、そしてポルシェ以外にもBMW330iやアウディTTなど、どれをとっても速そうなクルマなかり。
アレキサンドリア、どう見ても場違いである。
このようなとんでもない編成なので、同じ7人乗りのWISH(もりもりさん一家号)にとても親近感を覚えた。そう、この時点では…。


出発の時間となり、いよいよ出発だ。

b0066153_093821.jpg

それにしても、これだけの大所帯とあって、まず国道に出るまでが大変!
そして、信号などで分断された後方部隊を待ち、編隊を組み直すのも大変。
バイクの集団なら道路脇にスリムに停めることもできるが、何しろ今回の車両はほとんどが全幅1.8mクラスゆえ、ずらりと縦に並ぶその光景たるやすさまじい迫力である。


R1(スバル車じゃなくて、国道1号の意)を離れ、県道を程よいスピードで走る。
初秋の日差しの下、色づき始めた稲穂を眺めながら、ほのぼのとクルーズは続く。
開け放った窓から吹き込む風が心地よい。
でもオープンにしたら、もう最高だろうなぁ。
屋根の開くクルマが羨ましくなる瞬間である。


そんな平和なひとときは、R473に入った瞬間、戦慄のひとときへと変貌した。


傾斜がきつくなり、前を行くボクスターにどんどん離される。パワーと車重があまりにも違いすぎた。
待っちくり~、なんて言っている余裕は次第になくなってゆく。道は狭くなり、急カーブの連続。見通しなどもちろん利かない。
アレキサンドリアの直後には、純白の997S4がピタリと付いている。ちんたらとは走れない。
とにかく攻める。
タイヤの限界を探りながら、少しでも速くコーナーを抜ける。
時に2速4000rpmまで引っ張る。
何度か、タイヤが悲鳴を上げた。ミシュランのコンフォート・MXV8は意外にもグリップするが、やはりこの戦場では厳しい。


興奮と恐怖が入り乱れる中、ふと疑問が。
まったり組の先導は、もりもりさんのWISHのはず。
もし比較的ゆっくり走っていたなら、後ろから続くP軍団もそのペースに合わせることになる。
しかし、どれだけ頑張っても、前方には何も見えてこない。
ということは…






「WISH、速ぇ…」


やがてT字交差点を曲がってすぐの広場に、足を休めるP軍団が見えた。

b0066153_0101675.jpg

b0066153_0103167.jpg

とても「まったり組」とは思えないハイペース走行が終わり、ひとまず恐怖の時間から開放された。
やっぱ、バイクで来たほうが良かったかも…


その後もしばらく厳しいワインディングが続いたが、その後スイッチしたR301は概ね穏やかな道であった。
道の駅でトイレ休憩など挟みつつ、新城市を目指す。
そして、とある集落の細い道を抜けると、木で組まれた高い柵が突如現れた。

b0066153_0105851.jpg

あらら、陣地を占拠しちゃった…


それはそうと、PANDAさんの説明を聞き終えた参加者の皆さん、続々と柵に登り始めた。
こんな立派な柵があったら、誰でも登ってみたくなるものであろう。それが人情というものだ。
しかし、私は登らずに、傘を手に柵へと向かった。
ここに来たら、ぜひやってみたかったこと。それは、「歴史の再現」とでも言うべきか―
近くにいたbuypさんにカメラをお願いし、私は柵に向き合い…















b0066153_0111688.jpg

やってしまった。





b0066153_0113585.jpg

別の角度からも撮っていただいた。
おお、この角度だと、かなりそれっぽい!?
おまけにもひとつ―









b0066153_0115374.jpg

ま、こんな輩はいなかったろうと思うが…


時間が押していたため、急いで出発。
そして本日のメイン、五平餅のお店へと到着。
およそ1年ぶり、2回目の来店となるが、ここの五平餅はやっぱりデカい…

b0066153_0122737.jpg

その後、PANDAさん考案の「エンスーくじ」が開催された。
その写真を撮っていないのが悔やまれるが、これがまた異様に盛り上がった。
私もずいぶんいろんな景品をゲットさせていただき、嬉しいことこの上なかった。

b0066153_0145714.jpg
↑ただのバッグかと思いきや、さりげなくシトロエンのマークが。
(しかも、内側がアルミ張りの保温タイプ!)
他にも、ケイマンミニクロックと、ホンダワッペン。



そんなこんなで楽しかった五平餅オフ。
この後、隣接する露天風呂に入ったり、移動して怪しい車屋さん見学などオフはまだまだ続いたが、このあと個人的にある作戦を控えていた私は、ここでお別れすることに。

b0066153_0151889.jpg

さまざまなPが居並ぶ駐車場から、アレキサンドリアを発進させた。



(後編へつづく)
[PR]
by fch_titans | 2006-09-21 00:19 | 作戦報告