この星が、好きだから― 私は、ティターンズ。


by fch_titans
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やってまった…

今日、ホイールが届いた。

我慢強い人なら、車に装着するまでナイショにしておけるのだろう。
でも私は、他人の秘密は守れても、自分の隠し事ってのがどうしてもできない。
だから、早くも公開しちゃうのである。


















b0066153_0193443.jpg
「MOMO Racer」である。

MOMOと言えば、ステアリングが圧倒的に有名だが、アルミホイールも何種類か造っている。
これなんてまだ大人しいほうで、さらに奇想天外な造形のモデルまであるのだ。

じつは、これが候補に上ったのは、本当につい最近のことである。

それ以前は、
●OZ F-1 CUP:ガンメタ
●同  SUPER LEGGERA:薄めのガンメタ?:
●SUPER ADVAN SA-3R(ブラック&ブルーメタリック!)
●ATS DTC(ブラック)
と、このあたりが候補だったのだが、ADVANは売れてしまい、OZはハブ径のサイズに問題があった。
で、唯一の新品であるDTCに決まりかけたその時、オークションにて偶然発見したのが、このホイールだった。

画像ではガンメタっぽく見えるが、実際はマットブラック。
そして、このイエローのロゴが、F-1 CUPを髣髴とさせる。
中古なのである程度キズはあるが、致命的な欠陥はなく、状態はなかなか。

ハブ径のほうも、OZなどのようにバラバラではなく、きちんと統一されていたので、MOMO製のハブリングを併せて購入することで、不安は一掃された。
(今日、実際にはめてみたらピッタリで、ひと安心)

そして、お値段はF-1 CUPの約半額!!
是まさにお買い得!! と舞い上がった。



が…



ひとつだけ気になる点があった。

重量は、どうなんだ??

ご覧のとおりの2ピース構造であるからして、ストイックに軽さを求めた設計には見えない。
こだま号に履かせているADVAN RGは、鋳造ながらもBBS並みの軽さを誇るすばらしいホイールだったが、果たしてこいつはどうだろうか?

今日、家に帰ると、玄関にドドーンと積まれていたので、さっそく開封してみた。

な、なんだ!? けっこうズシッと来るぞ!?
おいおい、コレって…

それなりの精度の体重計に恐るおそる乗せてみると…







   9.5kg!!!!!






…何かの間違いでない?
数字がひっくり返ってないかい?
「9」じゃなくて「6」でないかい?

もう一度乗せてみる…

やっぱり9.5kgだった…

信じ難い重さだ。
ADVAN RGより幅は若干広いとはいえ、同じ15インチでなぜ2倍近い重さがあるんだ?
純正の鉄ホイールぐらい重たいかも…
というか、これ実は鉄で出来てんぢゃねぇの? と思い磁石を近づけてみたが、やはりくっつかない。

うーん、デザイン重視と言うよりは、デザイン「しか」考えてなさそう。
「Racer」とは名ばかりの、ファッションホイールじゃんか。

ちなみに、エスパスに今付いているホイールは、speedlineのミストラルとおぼしきものである。
てことは、このホイールに交換すると、軽くなることはあり得ないが、重くなる可能性は
かなり高い
タイヤは比較的軽いけど、このハンデを跳ね返すほどのアドヴァンテージはないなぁ。

せっかく買ったし、見た目はカッコイイので、予定通り装着するつもりだ。
しかし、あまりに乗り心地や操作性に悪影響を及ぼすようなら、また考えなければなるまい。

【教訓】

衝動買いをすると、後からいろいろ問題が

起こることが多い…らしいゾ。

[PR]
by fch_titans | 2005-09-09 00:25 | クルマ・バイク